文字 「どうしたいか」に対して最も適した形態をご提案できます。
text化
フォント(書体)や、ポイント数(文字の大きさ)、タグ(文字の体裁)などの情報が混じらない、純粋な文字データ。DTP、電子メディアなどあらゆる汎用性が考えられます。また加工されてないことにより、どのような入力環境(コンピュータ・ワープロ等)にも対応できます。
Hyper text化

文字データを、ネットワークや電子メディアに活用できる記述形式「Hyper text」に変換すれば、テキスト同士をリンクさせるなど、文字ベースでの情報へのアクセスが飛躍的に便利になります。
HTML、SGML、XMLなどがHyper textの形式です。

音声データ化

ナレーターが文字原稿を読み上げ、デジタルデータにすることにより、様々な応用が考えられます。
視覚で表示される文字情報とは異なり、音声で語りかけるメッセージには独特の説得力があります。

インターネット・ホームページ
CD-ROMなどの電子出版
データベース
その他あらゆる電子メディアの素材として活用可能
インターネット・ホームページ
CD-ROMなどの電子出版
データベース
携帯電話用コンテンツ(i-modeやezウェブなど)
CALS(電子決済システム)
インターネット・ホームページ
CD-ROMなどの電子出版
電話の自動応答メッセージ
視覚障害者への情報発信