レイアウト DTPデータからの展開で様々なカタチに加工できます。
PDF化
コンピュータで文字データを扱う場合の問題点として、機種が違うと画面上での文字組や印刷物として出力した場合、ページ数が変わる現象が知られています。特にページ数の多い冊子や画像を紙面に配置したものですと、大きくレイアウトが変わってしまうこともあります。
PDFはそうした問題点を克服する方法のひとつです。アドビ社のアクロバット・リーダーという無料で配布されているソフトを利用すれば、インターネットやウィンドウズ、マッキントッシュなど機種の違いを越えて細かい文字組まできちっと表現できます。
HTML化
レイアウトをHTML化しておけば、インターネットのコンテンツを制作するにあたって、とても便利です。
最近はマイクロソフト社のマイクロソフト・ワードなどのワープロソフトもHTMLファイルを作成する機能を備えています。ワープロ文書からHTML化するハードルは非常に低くなりました。
ただし、HTMLには独自の約束事があります。紙面レイアウトがそのままHTMLに反映されないこともありますので、注意が必要です。
画像化
印刷物を画像としてデータ化すると、コンピュータの機種やソフトの有無に関係なく閲覧することが可能になります。
その代わり、文字の検索などは不可能になります。PDFと組み合わせて用いるのが良いでしょう。
インターネット・ホームページ
メール添付データ
CD-ROMなどの電子出版
データベース
印刷原稿
インターネット・ホームページ
CD-ROMなどの電子出版
データベース
CD-ROMなどの電子出版
データベース