図形 使用メディア・コンテンツに合わせて、クオリティを高めます。
CADデータ化
設計図・回路図などのデータもデジタルデータで流通する時代です。
CADデータは独特なデータの形式で、他分野への応用が難しかったのですが、近年ソフトウェアの発達により、印刷や3DCG(立体画像)などへの応用が盛んになってきました。
3DCG化
3DCGを制作するソフトも普及しました。
基本的な使用方法はCADデータとも共通しますが、画像的な表現や物体の質感を表現するには3DCGの方が向いています。
オブジェクト化
平面的な図形もデータ化すると、アニメーションさせたり、様々な印刷物に応用できます。
会社のロゴ、地図、コミック風のマスコット。
たとえばインターネットのホームページ上でマスコットが動きます。
印刷物への応用(透視図、完成予想図など)
3Dアニメーション
インターネット・ホームページ
印刷物への応用(透視図、完成予想図など)
3Dアニメーション
インターネット・ホームページ
印刷物への応用(透視図、完成予想図など)
3Dアニメーション
インターネット・ホームページ