製本 綴じや折り、断裁など、最終的な仕上がりにはさまざまなカタチがあります。
印刷が終了した後の「製本作業」の種類と方法をご紹介します。
ペラ物、断裁
用途例/ポスター、チラシ
断裁 ペラ物、断裁
ペラ物、断裁
折り
用途例/案内状、プログラム
二ツ折 巻三ツ折 外三ツ折 観音折
二ツ折 巻三ツ折 外三ツ折 観音折
経文折
・蛇腹折
十文字四ツ折 巻四ツ折 巻四ツ折
経文折・蛇腹折 十文字四ツ折 巻四ツ折 巻四ツ折
綴じ
中綴じ(針金綴じ)
用途例/パンフレット類、週間誌、PR誌
※同じ針金綴じで平綴じもあり。
針金綴じ 表紙と中身を重ねて開いた真ん中の折り目を針金や糸でとじる製本。本が厚くなると中心ページの仕上り寸法が小さくなるので注意が必要です。
平綴じ
本の背から5mmほどの位置に針金で一括してとじる製本。耐久性はあるが、とじた部分まで開かないため扱いにくい。



無線綴じ、網代綴じ
用途例/カタログ類、月刊誌、文庫本、写真集
無線綴じ 本の背を3mmほど断裁し、接着剤でとじ、表紙でくるむ製本。とじた部分まで開くことが出来る。
網代綴じ
あらかじめ、折り工程で本の背に無数の切れ込み加工をし、接着剤でとじ、表紙でくるむ製本。無線とじより耐久性があるが、仕上げが難しい。



糸綴じ
用途例/上製本に多く、百科事典、書籍など
 
針金綴じ 本の背を糸で縫うようにとじる製本。とじた部分まで開くことができ、耐久性も優れている。