用語 日常的に交わされる用語を集めました。ぜひ参考にしてください。
アルファベット
あ行
青焼
[あおやき]
製版フィルムを青写真感光紙に焼き付け校正紙の代用とする。線画部が青くなるためこう呼ばれている。
 
赤字
[あかじ]
校正刷りなどに書き込まれた訂正や修正の指示のこと。校正記号を使って主に赤い字で書き込まれる。
 
アタリ レイアウト時に、入れる文字や図柄などの位置・大きさを示すこと。「アタリをとる。」など。
 
イキ 一度入れた修正などの指示を復活させること。また、どちらかを省く時にそのまま残す部分を指す。
 
色校
[いろこう]
(=色校正 [いろこうせい])
色指定が合っているかを確認すること。また、確認するために試し刷りすること。
 
色分解
[いろぶんかい]
カラー印刷するために原稿を4色(Y黄、M紅、C藍、B墨)の成分に分けること。
 
内校
[うちこう、ないこう]
(=内校正 [うちこうせい])
発注元に校正紙を渡す前などに、印刷会社などの人が文字などを確認すること。
 
裏移り
[うらうつり]
インクが十分に乾く前に印刷物を重ねてしまい、上の印刷物に付いてしまうこと。また、文字などが裏から透けて見える状態のこと。
 
奥付
[おくづけ]
書名、著者名、発行年月日、定価などが記されているページのこと。
ページトップへ
か行
かけ合わせ
[かけあわせ]
カラー印刷で2色以上のインクを刷り合わせて色を出すこと。
 
紙焼き
[かみやき]
文字や写真を印画紙に焼きつけること。また、焼きつけたもののこと。「ロゴの紙焼き」など。
 
完全原稿
[かんぜんげんこう]
必要な写真や図版などが揃い、指示やレイアウトも全てなされた原稿のこと。
 
カンプ 企画の内容や仕上がりなどを具象的に描いたもの。
 
逆版
[ぎゃくはん]
写真などを天地左右逆、表裏逆、白黒逆にした状態のこと。
 
キャプション 新聞や雑誌などの写真やイラストに付ける説明文のこと。
 
清刷り
[きよずり]
ロゴなどの形や色の見本として白地で平滑な用紙に印刷したもの。
 
金赤
[きんあか]
(=黄味紅 [きみあか])
Y黄100%+M紅100%をかけ合わせた色のこと。
 
下版
[げはん]
校正が終了し、印刷指示が出た版を印刷行程にまわすこと。原則的に下版してからの変更等はできない。
 
ゲラ刷り
[げらずり]
(=校正刷り [こうせいずり])
製版作業が終了し、実際に印刷する前にする試し印刷のこと。また、印刷したもの。
 
校正
[こうせい]
指示した通りに校正刷りされているかを確認する作業のこと。
 
後送原稿
[こうそうげんこう]
製版を始めるまでに間に合わない原稿のこと。
 
校了
[こうりょう]
校正が終了し、印刷指示が出ること。
ページトップへ
さ行
刷版
[さっぱん]
下版されたフィルムを印刷機にかけるためPS版(アルミ版に感光剤が塗布された版)などに焼きつけた版のこと。
 
写植
[しゃしょく]
写真植字の略。
 
写真植字
[しゃしんしょくじ]
ネガ状の文字盤から文字や記号を探し、光をあてて印画紙に焼き付けること。また、そうしてできた印画紙のこと。
 
スミ 黒色のこと。略してBL、BKとも書く。
 
逆版
[ぎゃくはん]
写真などを天地左右逆、表裏逆、白黒逆にした状態のこと。
 
責了
[せきりょう]
責任校了のこと。校正で修正がある場合、印刷会社の責任で修正し校了とすること。
ページトップへ
た行
台数
[だいすう]
印刷機に一度にかけるページ数の単位のことで1台8頁、16頁、32頁などがある。
 
台割り表
[だいわりひょう]
1冊の本などがどんな頁構成になっているかを示す表で、企画の細目がわかると同時に全体を確認できるもの。台割りとも略す。
 
裁ち落とし
[たちおとし]
化粧裁ち(仕上がり寸法に紙を切ること)で裁つ部分の寸法。また、裁ち落とした屑も指す。
 
タトゥ 物を差し込める袋状のポケットのこと。
 
丁合
[ちょうあい]
折りの済んだ印刷物を頁順に揃えていくこと。
 
束見本
[つかみほん]
仕上がりを検討するために実際の用紙を使って作った見本(白紙)のこと。表紙を除いた本の厚みを束という。
 
デュ-プ デュ-プリケーションの略。オリジナルの原稿を複製したもののこと。
 
特色インク
[とくしょくいんく]
プロセスインク(Y黄、M紅、C藍、B墨)以外の色のインク。
 

[とびら]
本の最初にある書名や著者名を印刷したページを本扉といい、章の区切りとして挿入されているタイトルページを中扉という。
 
トンボ 見当合わせ(ずれないように各色版の位置をあわせること)のための目印。昆虫のトンボに形が似ているためこう呼ばれる。
ページトップへ
な行
中綴じ
[なかとじ]
表紙と折丁(折りの終わった印刷物)を重ねて開いた真ん中の折り目を糸や針金で綴じる製本のやり方。
 
投げ込み
[なげこみ]
本の間に綴じずに挟んである印刷物のこと。
 
入稿
[にゅうこう]
原稿を印刷会社に渡すこと。
 
抜き刷り
[ぬきずり]
ページ物などで必要なページだけを抜き出して印刷すること。また、印刷したものを指す。
 
念校
[ねんこう]
印刷前に再確認のためにする校正、またはその校正紙のこと。
 
ノド 本の綴じ目や綴じ目に近い部分のこと。
 
ノンブル 本のページ番号。英語のnumberにあたる仏語。
ページトップへ
は行
箔押し
[はくおし]
金箔や銀箔などを熱圧着で貼りつけること。本などに書名やマークを入れるのに使う。
 
版下
[はんした]
写真や文字など原稿の中で製版できる状態のもの。
 
反射原稿
[はんしゃげんこう]
光を当ててその反射光によって分解する原稿。
 
ぶら下がり
[ぶらさがり]
行末に句読点がきた場合、字詰めからはみ出すこと。
 
ベタ 網をかけないで100%インクをのせること。
 
ポジ 写真画像の明暗が実際と同じ画面や状態のこと。明暗が実際と逆になっているものをネガという。
 
ポストスクリプト 印刷物の出力など、特に高解像度を要求する印刷処理で利用される代表的なページ記述言語。米Adobe社によって開発された。
ページトップへ
ま行
見開き
[みひらき]
本を開いた左右両頁のこと。
 
モアレ スクリーン(網点の付いたフィルムなど)が2枚以上重なるとできる縞模様のこと。


ページトップへ
や行
ら行
リライト 原稿を整理して清書すること。
 
ルビ 漢字の上などに付けるふりがなのこと。
ページトップへ
わ行
アルファベット
CTP
(=Computer To Plate)
パソコンなどで作成した原稿(DTPデータ)をフィルムなどを介さずに直接「版(プレート)」に焼付ける刷版方法。これまでのDTPデータ→フィルム出力→刷版焼付け→印刷の工程を短縮して、生産スピードを向上できただけでなく、フィルム→刷版焼き付けのアナログ工程で生じるデータの劣化を防ぎ、印刷品質の向上ももたらすことになった。
 
DTP
(=Desk Top Publishing)
パソコンなどのコンピューターで文字・画像の入力から組版編集・出力まで行うこと。パソコンに限らずワープロ、卓上型スキャナー、レーザープリンターなどそれぞれの工程を処理する編集機器を総じてDTPととらえられる。
 
PP貼
[ぴーぴーばり]
印刷後、ポリプロピレンフィルムと紙を熱圧着する加工方法。光沢や耐水性があり変色しにくく、雑誌の表紙やカタログ・パンフレットなどに多用される。
ページトップへ